キャロット募集馬2020 ◎ヒルダズパッションの19 牡 鹿毛 父:ディープインパクト

◎ヒルダズパッションの2019父:ディープインパクト 【牝系図】 ↓ Executricker (牝 1998 El Prado) `-- ヒルダズパッション Hilda's Passion [米] (牝 2007 鹿毛 Canadian Frontier) 海外8勝 | 1着 - バレリーナS(G1)、インサイドインフォメイションS(G2)、ヴェイグランシーH(G2)、レイヴンランS(G2)、ハリケインバーティS(G3) | 2着 - ヒューマナディスタフS(G1)、シュガースワールS(G3) |-- ジークカイザー (牡 2013 鹿毛 ディープインパクト) 4勝 |-- ヨシダ Yoshida [安平町] (牡 2014 鹿毛 ハーツクライ) 海外5勝 | 1着 - ウッドワードS(G1)、ターフクラシックS(G1)、ヒルプリンスS(G3) | 2着 - ホイットニーS(G1)、ホールオブフェイムS(G2)、サラナックS(G3) | 3着 - ウッドワードS(G1) |-- ヴェルテアシャフト (牡 2015 鹿毛 ディープインパクト) 2勝 |-- シェドゥーヴル (牡 2016 鹿毛 オルフェーヴル) 1勝、中央現役 |-- サンクテュエール (…

続きを読む

◎クライムメジャー  8/23(日)小倉11R 北九州記念(GⅢ)〔芝1,200m・18頭〕54 鮫島克駿で出走。

◎クライムメジャー 2020.08.20 出走情報  8/23(日)小倉11R 北九州記念(GⅢ)〔芝1,200m・18頭〕54 鮫島克駿 発走15:25 ↓ 2020.08.24 レース結果  8/23(日)小倉11R 北九州記念(GⅢ)〔芝1,200m・18頭〕4着[15人気] まずまずのスタートから無理せず後方でじっくり流れに乗りながら脚を溜めていきます。最後の直線で追われると、上がり3ハロン最速の34.1秒の脚で馬群を割って抜け出し、勝ち馬から0.4秒差の4着でゴールしています。 渡辺薫彦調教師「最後の直線では抜け出せるか心配でしたが、鮫島克駿騎手が覚悟を決めて馬群を割って抜け出してくれました。結果は4着でしたが、GⅠ勝ち馬のモズスーパーフレアをはじめ、重賞勝ち馬が揃っている中で上がり最速の脚を使って良い走りを見せてくれました。1,200mだと最後まで集中力が切れることはありませんし、その分気の悪さを出すこともなく力を発揮してくれますね。レース後、鮫島克駿騎手に聞いたところ、『ポジションは気にせず馬のリズムを大事にロスなく立ち回りました。最後の直線で空いたところを狙って追い出していくと、反応良く良い脚で伸びてくれました』と話していました。出来れば賞金を加算したかったところですが、同じような条件を狙って使っていけばどこかで出番があると思います。トレセンに戻って状態を確認した後は、これまでの疲れを取るために放牧へ出す方向で考えています」

続きを読む

◎ヴィルヘルム 父:エピファネイア×母:カイゼリン 9月5日の小倉競馬(2歳未勝利・芝1800m)を目標。

◎ヴィルヘルム 牡 青鹿毛 父:エピファネイア×母:カイゼリン (BMS:アドマイヤベガ) 関西 池江 厩舎  生産:ノーザンファーム 20/8/19  池江厩舎 19日は軽めの調整を行いました。「この中間、軽く乗りながらしっかりと状態の確認を行っていたのですが、やはり走り切っていないせいか長距離輸送後でも疲れなどは見られませんし、このまま在厩で続戦させることにしました。今のところは小倉の最終週を目標にしており、少しずつピッチを上げていきたいと思います」(池江師)9月5日の小倉競馬(2歳未勝利・芝1800m)を目標にしています。

続きを読む

◎セントオブゴールド 父:ディープインパクト ・ノーザンファーム空港

◎セントオブゴールド 父:ディープインパクト  母(母の父);キューティゴールド(フレンチデピュティ) 2020.08.14 所有馬情報 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港 調教内容:週6回周回コースで軽めのキャンター2,500m 次走予定:未定 担当者「先週から脚元の状態に変わりは無かったことから、周回コースでの運動量を増やしています。長めの距離で体力向上を図っていますが、日を重ねる毎に息遣いは良化してきました。まだ時折硬さを感じることはあるものの、走りはこの馬なりに安定しています。馬体重は476kgです」

続きを読む