◎トゥールアンレール 2月28日の中山・芝1,600m〔C.ルメール〕予定。

◎トゥールアンレール
父:ディープインパクト  母:トゥーピー
ト―ル 父:ディープインパクト  母:トゥーピー.jpg

在厩場所:18日に美浦トレセンへ帰厩
調教内容:
次走予定:2月28日の中山・芝1,600m〔C.ルメール〕

木村哲也調教師「18日の検疫でこちらへ帰厩させていただきました。まずは脚元を中心に馬体をよく確認して、問題無ければ明日から乗り運動を開始いたします。馬体や精神面を考慮して、今回は10日競馬でレースへ臨もうと思っており、今のところ2月28日の中山・芝1,600mをルメール騎手で予定しています」

2021.02.24 所有馬情報

在厩場所:美浦トレセン
調教内容:24日に南Wコースで時計
次走予定:2月28日の中山・芝1,600m〔C.ルメール〕

木村哲也調教師「21日に坂路コースで帰厩後初の追い切りを消化しました。55-40を切るくらいの時計を手応え楽に登坂することが出来ているものの、人とのコミュニケーションがまだ上手く取れていない感じでしたね。また、24日には南Wコースで併せて追い切りを行っています。道中はトゥールアンレールが2馬身追走する形から、最後は3歳1勝クラスの馬を相手に同入で終えています。乗り手との意思疎通はまだまだですが、牧場である程度乗り込んできてもらっていましたので、中身はこのひと追いで整ってきそうですし、小柄な馬で仕上がりは早いですから、10日競馬でも問題無さそうですね。前走の新馬戦は、予定していた東京・芝1,400mを除外後に中京競馬場まで輸送することになったこと、それだけでなくレコードが出るほどの時計勝負になりましたので、さすがに心身共にキツかったと思います。それでも4着に来れているように力はありますし、厳しい経験をしたことを今回活かして欲しいですね」
【結果】

2021.03.01 レース結果

 2/28(日)中山5R 3歳未勝利〔芝1,600m・16頭〕10着[2人気]

まずまずのスタートを切りますが行き脚が付かず、道中は後方3番手からの追走、直線では馬場の内目から他馬の間を通って脚を伸ばそうとしますが、大きく差を詰められず、中団で流れ込んでいます。

木村哲也調教師「2戦目になりますが、初戦と比べてもパドックでは変にテンションが上がることなく、落ち着いて周回することが出来ていたと思います。返し馬になると、それよりも気が入ってきてしまう部分はありましたが、何とか抑えは利いていたように見えました。ただ、レースに行くとやや前向き過ぎる部分を見せてしまい、コントロールに難しいところが出て来てしまいましたね。厩舎としても普段の運動時から人とのコミュニケーションを取れるように努めてきましたが、こちらの技術不足もありレースまでに上手く改善することが出来ませんでした。道中で無駄な力を使ってしまったからか、直線でも差を詰めることが出来ませんでしたし、良い走りをお見せ出来ずに申し訳ございません。この後については、レース後の心身の状態をよく確認してから検討していきます」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント