☆史上最強の法則☆

アクセスカウンタ

zoom RSS ◎ロジユニバース 【皐月賞】無敗1冠へ!

<<   作成日時 : 2009/04/14 23:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

◎ロジユニバース  【皐月賞】無敗1冠へ!
画像

 中山芝2000m
スタート地点は4コーナーを曲がり終えたホームストレッチの右端。
単純に芝1800mのスタート地点が200m右へスライドしたところで、同じように内回りコースを1周する。
ゴール前の坂を2度越えるので、スタミナも要求されるのが特徴。 2000mギリギリしかもたない馬にとってはやや苦しい。
過去、皐月賞の好走馬が菊花賞でも好走しやすい一因は、こうしたところにもある。
最初の1コーナーまで十分に距離はあるが、多頭数になった場合の外枠は不利。
特に内の馬場状態がいい時は、外からの差し・追い込み馬はノーチャンスになる。 その場合、内枠の逃げ・先行馬が穴をあけやすい。 好位抜け出しができる馬か、馬群を割って差してこれる器用なタイプの差し馬を狙うのがセオリーだ。
少頭数の場合は、スローの上がり勝負となるのが必至。
決め手のある差し・追い込み馬が中心となる。

○ナカヤマフェスタ

▲セイウンワンダー

「血統馬券でハロン湾に竜宮城を建てた男」キャロルの皐月賞血統分析はこちら↓

皐月の法則〜元祖☆史上最強!
http://blog.goo.ne.jp/carol2000vn/e/87499cc39789132dd54895e087c17dbf
皐月の法則2〜SS王朝
http://blog.goo.ne.jp/carol2000vn/e/19487aac4468b3e94b89f9c8c41d5e46
皐月の法則3〜勢力図
http://blog.goo.ne.jp/carol2000vn/e/b801ce4fb20bcc8b628f756df1081802
皐月の法則4〜3強分析
http://blog.goo.ne.jp/carol2000vn/e/77085384489b05066635ce13bbb7c802
皐月の法則5〜続・3強分析
http://blog.goo.ne.jp/carol2000vn/e/88f5da603389022175e6c14572d71ee8

結果
アンライバルド強し! 豪快にマクリ切って圧勝!
 第69回皐月賞は岩田康誠騎手騎乗の3番人気アンライバルドが中団外目の待機から、4コーナーで豪快にまくり切ると、早めに先頭に立ち、そのまま突き抜けて優勝。勝ち時計は1分58秒7。アンライバルドは前走のスプリングSに続く重賞連覇で、G1は初勝利。父のネオユニヴァースも03年の本競走を制しており、父子制覇となった。鞍上の岩田騎手、本馬を管理する友道康夫調教師ともに本競走は初勝利。

 2着は1馬身半差で武幸四郎騎手騎乗の8番人気トライアンフマーチ。3着は半馬身差で内田博幸騎手騎乗の4番人気セイウンワンダー。圧倒的1番人気に支持された横山典弘騎手騎乗のロジユニヴァースは14着、2番人気に支持された武豊騎手騎乗のリーチザクラウンは13着に惨敗。3強との下馬評だったが、2強が崩れ、3連単は39万円台の波乱となった。



リーチザクラウンは逃げずに好位から

 スタートは4番トライアンフマーチのダッシュがややつかずに後方から。注目の先行争いは10番ゴールデンチケットが積極的に出て行き、内から5番ミッキーペトラも負けじと先行。外からは11番アーリーロブストが行き、今日は先行策。18番リーチザクラウンはじんわり出て行き、ハナには固執せず自然に流れに乗って先行した。8番メイショウドンタクも絡みに行き、1番ロジユニヴァースは6、7番手で1コーナーをカーブ。それから7番ナカヤマフェスタ、3番サトノロマネは行かず、インの中団より前。その後ろに6番ベストメンバー、外目に16番アンライバルド。それから15番セイウンワンダー、2番リクエストソング。トライアンフマーチ、12番フィフスペトル、17番シェーンヴァルトらが後方集団を形成した。

 前半600m通過は34秒8、800m通過は46秒9、1000m通過は59秒1。先行集団はほぼ固まった状態だが、見た目以上にペースは速く、淀みない流れ。リーチザクラウンは外目の4、5番手で折り合いをつけ、それをマークするようにロジユニヴァース。3コーナー手前からゴールデンチケット、アーリーロブスト、リーチザクラウンの3頭が併せ馬のような形で、スパートし勝負どころへ向かった。

前崩れでマクリ差しが炸裂

 しかし、この息の入りにくい流れが、結果的に前崩れの展開を誘発。大外からアントニオバローズが早めに仕掛け、中団外目にいたアンライバルドも強気に早めのスパート。馬群が一気に凝縮し、4コーナーから直線に向かった。アンライバルドとシェーンヴァルトがまくって仕掛け、直線入り口では先頭に並びかける勢い。先行抜け出しをはかるリーチザクラウン、同馬をマークしていたロジユニヴァースの手ごたえもなく、馬群に沈んでいった。

 対照的に一気に外からまくったアンライバルドの加速力が強烈。内に切れ込みながら、直線坂下で早くも先頭に立ち、鞍上のムチがうなる。先行集団は完全に飲み込まれ、同馬のほぼ独走状態。出負けが幸いして差しに回ったトライアンフマーチ、末脚にかけたセイウンワンダーが末脚を伸ばすも、ワンランク違ったアンライバルドの伸び脚。最後は1馬身半差をつけ堂々先頭でのゴールインとなった。

強さが際立ったアンライバルド

 前半1000m通過が59秒1、全体を通じて最も遅かったラップが5ハロン目の12秒2で、厳しい流れだったのは間違いない。しかし、本競走はある程度ペースが厳しくなっても、前が止まらないという特性のレース。強い先行馬がいれば、なおその傾向があるはずだが、人気を背負ったリーチザクラウン、ロジユニヴァースの2頭が全く粘り切れずに馬群に沈んだ。今回は絵にかいたような差し・追い込み決着となり、3強の1角・アンライバルドの強さだけが際立った。同馬にとっては理想的な展開だったが、圧倒的な決め手を武器に、続く日本ダービーでも大いに楽しみと言えそうだ。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
関東人は関東馬をお奨めですね。でも勝のは関西馬アンライバルトの様です。2000mでの競馬が多く上がり3ハロンの時計はロジより勝っています。これが14番のゼッケンをつけていたら先ず皐月賞馬になるでしょう。これ正夢かもしれません。
ぐっさん
2009/04/15 10:42
なるほど・・・怖いですよね。実はダービーはロジは無印・・・アンライバルドで勝負!だと思ってます。万が一出走がかなった時の◎トゥリオンファーレですけどね^^
最強
2009/04/15 22:59
アンライバルトは16番のゼッケン、14番はアントニオバローズちょとずれたか?迷ったけれど16番と14番どっち?、あと7と4番を500円ずつ買いました。夢は 眼が醒めると曖昧になります。
ぐっさん
2009/04/19 22:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
◎ロジユニバース 【皐月賞】無敗1冠へ! ☆史上最強の法則☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる