◎コントラチェック 牝 父:ディープインパクト×母:リッチダンサー 帰厩!

 ◎コントラチェック 牝 父:ディープインパクト×母:リッチダンサー(BMS:Halling) 関東 藤沢和 厩舎  生産:ノーザンファーム 20/9/17  藤沢和厩舎 17日に美浦トレセンへ帰厩しました。「前走後、天栄へ放牧に出してじっくりと調整を行ってもらっていました。コンディション自体はいいようなので改めてレースへ向かってみて、それでどういう走りをするかを探っていければと考えています。東京開催中の出走を計画していて、あくまでも状況を見ながら目標を定めることになると思います」(大江原助手)

続きを読む

キャロット申し込み馬 ◎ヒルダズパッションの2019 父:ディープインパクト・・・当選!

◎ヒルダズパッションの2019父:ディープインパクト 【牝系図】 ↓ Executricker (牝 1998 El Prado) `-- ヒルダズパッション Hilda's Passion [米] (牝 2007 鹿毛 Canadian Frontier) 海外8勝 | 1着 - バレリーナS(G1)、インサイドインフォメイションS(G2)、ヴェイグランシーH(G2)、レイヴンランS(G2)、ハリケインバーティS(G3) | 2着 - ヒューマナディスタフS(G1)、シュガースワールS(G3) |-- ジークカイザー (牡 2013 鹿毛 ディープインパクト) 4勝 |-- ヨシダ Yoshida [安平町] (牡 2014 鹿毛 ハーツクライ) 海外5勝 | 1着 - ウッドワードS(G1)、ターフクラシックS(G1)、ヒルプリンスS(G3) | 2着 - ホイットニーS(G1)、ホールオブフェイムS(G2)、サラナックS(G3) | 3着 - ウッドワードS(G1) |-- ヴェルテアシャフト (牡 2015 鹿毛 ディープインパクト) 2勝 |-- シェドゥーヴル (牡 2016 鹿毛 オルフェーヴル) 1勝、中央現役 |-- サンクテュエール (…

続きを読む

◎ レゾンドゥスリール 父:ハーツクライ  母:ローブティサージュ 第4回京都開催 後半あたりのデビューを目標!

 ◎ レゾンドゥスリール 父:ハーツクライ  母(母の父):ローブティサージュ(ウォーエンブレム) 厩舎 栗東 須貝尚介 生産 ノーザンファーム 2020.09.11 所有馬情報 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき 調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒 次走予定:第4回京都開催 厩舎長「順調に進められていましたので、この中間からより負荷を掛けたメニューに切り替えています。現在は坂路で15-15のペースまで上げていますが、反応・動きともに良いですし、最後まで良い手応えで駆け上がってくれますよ。馬体はまだ細く、しっかりするのはもう少し先だと思いますが、その中でこれだけの動きを見せてくれるのですから、今後が楽しみですね。このまま問題なければ、第4回京都開催の後半あたりのデビューを目標に、トレセンへ帰厩させる方向で須貝尚介調教師と話し合っていますので、移動に備えて更に動きを良くしていきたいと思います。馬体重は464kgです」

続きを読む

◎オスタークラング 牝 父:ルーラーシップ×母:ラフォルジュルネ 10月3日の中京競馬(2歳新馬・芝2000m)を…

 ◎オスタークラング 牝 父:ルーラーシップ×母:ラフォルジュルネ (BMS:スペシャルウィーク) 関西 松永幹 厩舎  生産:白老ファーム 20/9/9  松永幹厩舎 9日は栗東坂路で追い切りました(55秒4-40秒1-26秒2-13秒2)。「先週無事に帰厩しており、今朝は坂路で併せて追い切りました。ほぼ馬なりでビシッとは追っていませんが、1本目としてはまずまず動けていたなという印象ですね。帰厩して少し蕁麻疹が出るなどまだ体質的に弱さは残っていますし、この後も馬の状態に合わせながら進めますが、今のところは中京最終週の芝2000m戦を目標にしていくつもりです」(松永幹師)10月3日の中京競馬(2歳新馬・芝2000m)を目標にしています。

続きを読む

◎クライムメジャー 9/13(日)中京11R セントウルステークス(GⅡ)〔芝1,200m・17頭〕56 鮫島克駿

◎クライムメジャー 2020.09.10 出走情報  9/13(日)中京11R セントウルステークス(GⅡ)〔芝1,200m・17頭〕56 鮫島克駿 発走15:35 2020.09.09 所有馬情報 在厩場所:栗東トレセン 調教内容:9日に坂路コースで時計 次走予定:9月13日の中京・セントウルステークス(GⅡ)〔鮫島克駿〕 渡辺薫彦調教師「9日の追い切りでは、前走から間隔が詰まっていることもあり、終い重点で負荷を掛けておきました。騎乗したスタッフに感触を聞いたところ、『前走の追い切りでも良い動きを見せていましたが、今回はそれ以上に反応・動きともに良かったです。上積みがありそうです』と話していました。オープンに上がってからはもう一つ結果が振るわなかったですが、調教の感触では重賞でも通用するだけの動きを見せてくれるので、集中力さえ持続出来ればと思い、2走前の福島テレビオープンで距離短縮を図りました。するとこちらの思惑通りに変わり身を見せ、北九州記念でも勝ち馬から僅差の4着と好走してくれたので、1,200m戦は今のクライムメジャーにとって合っているのかなと思います。これまでの成績を見ると中京競馬場で2勝挙げているように、相性がいいコースのようですし、脚質的にも向いていると思うので、前走のようにロスなくレースが運べれば、ここでも良い走りを見せてくれると思います」

続きを読む