☆史上最強の法則☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 最強厩舎 2歳馬 ◎ベルプラージュ メイクデビュー東京!

<<   作成日時 : 2013/06/19 17:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

◎ベルプラージュ 牝 黒鹿毛 父:キングカメハメハ×母:ベルフィーチャー (BMS:アグネスタキオン)
関東 尾形充 厩舎 生産:追分ファーム
画像


6/19 尾形充厩舎
19日は美浦坂路で追い切りました(52秒7−37秒7−25秒0−12秒5)。「順調に来ていますよ。先週の追い切り後も変わりはなかったですし、その後も適度に動かして負荷をかけてきています。週末にも少し動かしましたが身のこなしに気になる点はなかったし、その後も反動は見られませんでした。週明けの様子からも水曜日に追い切って問題ないだろう、その動きも大丈夫ならば競馬を考えていいだろうと思っていました。先週に続いて坂路で動かしましたが、併走馬は格上馬でそこそこ動く馬が相手でした。その馬に対して苦しさが目立ってくることはありませんでしたし、最後までしっかりとした脚取りで駆けあがってきてくれましたよ。時計は目立たないのですが、他の馬たちの時計を聞いていると大体3ハロン38秒の終い1ハロン13秒台というのが多かったようなので、そう考えると立派。パートナーとの比較でも決して悪くはなかったので、時計以上に好感を持てるものだったと思います。午後や明日の状態に問題がなければこのまま行きましょう。ここまで順調に来ましたし、ちょっと楽しみも持っている馬。乗った人間の多くが評価してくれる馬ですからね。ただし、本数も少なければ初めての実戦です。やってみないとわからないのが新馬戦でもありますから、まずはどのような走りをしてくれるかじっくり見たいと思います」(尾形充師)23日の東京競馬(2歳新馬・芝1600m)に吉田豊騎手で出走を予定しています。

【2歳馬情報】ベルプラージュ

 【東京】1998、99年の有馬記念連覇などGIで4勝をあげたグラスワンダーをはじめ、数々の名馬を手掛けてきた尾形充調教師が期待感を込めて語る。「癖もなく落ち着きがあり、背中が実に良い。こんな牝馬にはなかなか巡りあえるものではない」。450キロの均整のとれた好馬体。調教ではバネのきいた動きで周囲の目をくぎ付けにしている。名馬アリシバ(GI9勝)が近親にいる良血。要注目だ。

by サンスポ

【出馬表】
画像


【オッズ】
画像


【結果】・・・・4着

6/23 尾形充厩舎
23日の東京競馬では好スタートを切って好位の内々を追走。前の隊列を見て直線では最内を突いてジリジリ伸びているが最後の勢いの差で敗れ4着。「調教で乗せてもらったときは軽い走りでいかにも牝馬らしいスピードのある馬と感じていました。それなので良馬場になってほしいと思っていました。最内枠が当たってしまいましたが、昨日より馬場も回復してきてたのでなんとかこなしてほしいと願い、また、できれば直線は外に出したいと思っていたんです。しかし、前が4頭並ぶ形で出そうにも出しにくく、内が空いていたため腹をくくって最内を突くことにしました。ジリジリと伸びて頑張ってくれているんですけどね。悔しいです。申し訳ありません。でも、やっぱりセンスがあって走る馬です。スタートもいいし、大人しくコントロールも利きます。負けはしましたが楽しみな馬です」(吉田豊騎手)「いや〜、悔しい。新馬勝ちできると内心思っていたくらい期待をしていた馬なので本当に悔しいですね。初めての競馬でしたからもちろんこの仔自身経験したことがないことをクリアしなければいけなかったわけですが、競馬場に着いても動じることはなかったですし、装鞍も問題ありませんでした。パドックも落ち着いていていい精神状態でしたね。気がかりなのは馬場。軽い走りをする馬なので是が非でもきれいな馬場で走らせてあげたいと思っていましたが、週中は天気が悪かったですからね。馬場が回復してくれればと思っていましたし、真ん中から外の枠が当たればと思っていたら、まぁ極端な枠で…。こればかりは仕方ないことですし、何とかこなしてほしいと願って送り出しました。ジョッキーも直線では外へ出したいと思っていたようなのですが、前へ行っていた馬たちが横並びするような格好で外へ出しづらくなってしまいました。勝った馬が通ったところが本当の良馬場と思えるコンディションでしたし、通った場所の差でしょう。悔しいですが上位馬とはそこまで差がないと思いますよ。このあとは、まず気持ちを切り替えなければいけませんね。少ない本数で臨んだ中でしたし、上積みも期待できるはずです。疲れが出るようならスライドしますが、問題ないようならこのまま福島を目指したいと考えています」(尾形充師)跨がった人たちの感触は皆よく、デビュー勝ちを狙っていたのですが、非力なこの馬にとって良馬場発表と言えどタフな内側の馬場に体力を削がれてしまった印象を受けたレースでした。それでも際どい戦いを演じてくれたあたりはやはり素質があると感じさせてくれたと思います。今後は問題なければ続戦する予定ですが、今日のリベンジを果たしてほしいと願っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
最強厩舎 2歳馬 ◎ベルプラージュ メイクデビュー東京! ☆史上最強の法則☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる